印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



大阪府寝屋川市明徳2-10-18
tel 072-823-8221
予約制

 HOME > 歯とお口の百科事典 > クラウンについて

歯とお口の百科事典

クラウンについて



 むし歯治療には状態に応じた様々な治療法があります。むし歯の状態が初期であればあるほど歯科医師も患者さんも少ない負担で治療できます。

クラウンとは


 初期のむし歯治療においては悪い部分をちょっと削って詰め物をしたり、インレーやアンレーという金属を詰めたりします。しかしそのような治療では歯を元の形にすることができない場合、クラウン(いわゆる「かぶせ」)というものをかぶせます。
クラウンの材料としては金属製、ポーセレン(陶材)、レジン(硬いプラスチック材)などがあります。クラウンとは1本の歯全体をいずれかの材料でかぶせる義歯のことです。

クラウンの製作手順


・ むし歯の悪いところを削ります。
・ このままではクラウンをかぶせることが出来ないので、削った歯の形を整えます。
・ 印象(歯型)を取って、それにあったクラウンをつくります。(このときは噛み合わせも調べるため、全体の印象を取ります。)
・ クラウンをかぶせて微調整を行い、セメントで接着して治療を完了します。




 これらの治療は人によって材料の選択や治療法などが変わります。材料によっては保険がきかない場合もあります。