印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



大阪府寝屋川市明徳2-10-18
tel 072-823-8221
予約制

 HOME > 歯とお口の百科事典 > 総義歯について

歯とお口の百科事典

総義歯について



 上または下の全部の歯がなくなった場合に入れる義歯のことを総義歯といいます。ここでは総義歯について説明いたします。

歯が一本もないとどうなるのでしょうか?


 歯がなくなってしまうとまず、ものを噛むことが出来なくなってしまいます。噛むことが出来なくなると食べ物をおいしく食べることが出来なくなるほか、口の周りの筋肉がたるみ、顎の骨が薄くなり顔の形が変わってきます。顔に張りがなくなると、年齢よりも老けてみられたり、顔に精気がなくなってきます。また、歯がないとうまくしゃべることも出来なくなります。

総義歯


 総義歯は、唾液の力でアゴに吸着しており、歯ぐき全体で咬む力を支え、取り外しが可能です。総義歯は人工歯と床(レジン、ポリスルフォン)と呼ばれるものが一体となっています。
人工歯にはレジンや陶材や金属の歯を使います。床には装着後の違和感をなくすために薄い金属を使用することもあります。