印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



大阪府寝屋川市明徳2-10-18
tel 072-823-8221
予約制

 HOME > 歯とお口の百科事典 > インレー・アンレー(オンレー)について

歯とお口の百科事典


インレー・アンレー(オンレー)について



 むし歯治療には状態に応じた様々な治療法があります。むし歯の状態が初期であればあるほど歯科医師も患者さんも少ない負担で治療できます。

初期のむし歯


 初期のむし歯であれば悪い部分を削って、そこに詰め物をします。詰め物にはアマルガム(水銀と他の金属を合わせたもの)や、コンポジットレジン(硬いプラスチック材)などがあります。これらはやわらかい素材で、詰めたあと自然に固まりますので、治療も簡単です。

インレー・アンレーとは


 むし歯が進行していくと歯を削る部分も多くなり、削った部分をしっかりと修復する必要があります。これには正確さが要求されるため、型を取り金属の修復材を使用します。型に合わせた金属の詰め物のことをインレーといいます。この場合、型を取ってから金属を溶かしたものを流してつくるので1日で終わりというわけにはいきません。
 また、臼歯部のかみ合わせ部分全体がむし歯になってしまった場合(むし歯が歯頸部に及んでいないとき)につくる金属の詰め物をアンレー(オンレー)といいます。

インレー・アンレーの製作手順


・ むし歯がある場合、悪いところを削ります。
・ 削ったところの形を整え、印象(型)をとります。
・ 型にあった金属の詰め物(インレーまたはアンレー)を作ります。
・ 削ったところに、型に合わせて作ったインレーまたはアンレーを入れ、セメントでしっかり接着して治療を完了します。