印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



大阪府寝屋川市明徳2-10-18
tel 072-823-8221
予約制

 HOME > 歯とお口の百科事典 > 局部床(部分床)義歯について

歯とお口の百科事典

局部床(部分床)義歯について

局部床義歯とは


 局部床義歯(部分床義歯)とは、歯肉にぴったりと合った床というものに人工歯を取り付け、クラスプとよばれるバネを使ってほかの歯に固定させる方法です。取り外し式で失った歯が多い場合に適用されます(失った歯が1〜2本の場合はブリッジという方法があります)。ものをかんだときの負担は床を通じて歯ぐきに直接かかります。床は薄い金属か、レジン(樹脂)でつくられます。


金属床
 ・金属のため強度に優れ、薄くできて口の中に入れても違和感が少ない
 ・熱伝導がよいため味覚を損なわない
 ・レジン床に比べ値段が高い

レジン床
 ・金属床に比べて強度が落ち、厚みがあるため違和感が多い
 ・熱伝導が悪い
 ・金属床より値段が安い



 また、ブリッジと比べた局部床義歯の短所としては、
・ バネ(クラスプ)での固定なので安定が悪い
・ 床(歯肉に直接ふれている部分)に慣れるまでの違和感が強い
・ バネをかけた歯の清掃が悪いと、むし歯や歯周病になりやすい、などがあります。

しかし、最近は磁石式のバネや、鍵状のバネが登場し、以前より格段に安定感や装着感が良くなっています.