印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



大阪府寝屋川市明徳2-10-18
tel 072-823-8221
予約制

 HOME > 歯とお口の百科事典 > 日常生活と歯の関わり

歯とお口の百科事典

日常生活と歯の関わり



 健康な歯で、正しい食習慣と生活習慣を心がけていれば、体は健康を維持することができます。また、健康な体は、健康な歯をつくる大事な要素です。では健康な歯をつくるために、普段どのようなことに気をつければよいのでしょうか。


・ 歯みがき
 ていねいにしっかりとみがけていることが大切です。きちんとみがく習慣がある人と、いい加減ですませている人では、むし歯や歯周病の発生率に大きく差が出ます。

・ 栄養をとる
 1日3回規則正しく食べていますか?歯に必要な栄養はカルシウムだけでなく、タンパク質、ビタミン、炭水化物なども重要です。栄養バランスのよい食事を心がけましょう。

・ お酒やたばこは度を過ぎていませんか?
 お酒自体はそれほど悪くはないのですが、酔っぱらって歯をみがかずにそのまま寝てしまうケ−スが多いようです。また、たばこをよく吸う人は吸わない人よりも、むし歯や歯周病になりやすい傾向があります。

・ 睡眠時間は足りていますか? 適度な運動は?ストレスを発散していますか?
 これらは歯に直接関係なさそうですが、健康な体を維持することがよい歯をつくります。たとえば糖尿病、心臓病、動脈硬化といった成人病も、歯の病気の原因になりやすいもののひとつです。ストレスもまた身体的な病気の引き金となり、歯の病気の原因となります。


以上はごく一般的なことですが、日常生活(身体の健康)と歯の健康は切っても切れない関係にあります。正しい生活習慣を身につけましょう。